去勢・避妊手術

去勢・避妊手術について

去勢・避妊手術を受けることのメリットは、望まない繁殖が防止できることだけではありません。雄のマウンティング行動や雌のスプレー行動などの、発情期の問題行動を抑制や、生殖器疾患を予防することができるというメリットもあります。

雌犬については子宮の病気を予防することが可能で、特に最初の生理が来る前に避妊手術を受ければ、発生リスクが非常に高い乳腺腫瘍を99%予防することができます。
また雄犬については、前立腺肥大症、会陰ヘルニアを予防することができます。そのうち会陰ヘルニアは手術をしても再発率が高い病気ですので、これを予防できるメリットは非常に大きいと言えます。

そして雄猫についても前立腺肥大症などの生殖器疾患を予防することができ、雌猫については乳がんの発生を予防することができます。

去勢手術のメリットとデメリット

メリット

  • 発情期の問題行動が抑制できる
  • 性格が穏やかになり、攻撃性が緩和される
  • 前立腺肥大症が予防できる
  • 肛門周囲腺腫の発生率が抑えられる

デメリット

  • 太りやすくなる

避妊手術のメリットとデメリット

メリット

  • 望まない繁殖が防止できる
  • 発情期の問題行動が抑制できる
  • 子宮蓄膿症など、生殖器官疾患の発生率が抑えられる
  • 最初の生理が来る前に手術を受ければ、乳腺腫瘍を99%予防することができる

デメリット

  • 太りやすくなる
  • 開腹手術を受けなければいけない

料金案内

猫の去勢 12,000円
猫の避妊 25,000円(妊娠の場合+3,000円)

犬の去勢

10kg未満まで  20,000円
10.1kg~20.0kgまで 23,000円
20.1kg~25.0kgまで 25,000円
25.1kg~30.0kgまで 28,000円

犬の避妊

~10kg未満まで  30,000円
10.1kg~20.0kgまで 35,000円
20.1kg~25.0kgまで 38,000円
25.1kg~30.0kgまで 40,000円
30.1kg~35.0kgまで 45,000円(妊娠の場合+7,000円)

※税抜き表記となっております