2016.09.16更新

pic20160916163012_1.jpg



飼主様の嬉しいお言葉頂いきました!

パフェ(11才)
平成27年の年末 突然下痢と嘔吐

1月上旬 動物病院で検査。胆のう、肝臓の値が高い。たくさんのお薬を出して頂く。
一時的に良くなるものの、体調は戻らず。

4月下旬 右脚ビッコをひきだす。
動物病院でヘルニアと診断。
ステロイドの薬を倍に増やし様子をみて手術
することに・・・

この頃、大好物のおやつも食べず衰弱して
ました。パフェの身体に負担の少ない治療を
してもらえる病院をインターネットで探す。

5月 おおいずみ動物病院へ

まず先生はレントゲンを撮影して下さりまさした。体力が落ち骨が痩せ細り疲労骨折して
いる事がわかる。
その日から、週2回自然治癒力をあげるためシンノオル電子治療を受け始めました。

食欲がなく胆のう、肝臓の数値が高いので
ハーブのサプリメントを処方して下さり
ました。

6/20 ヘルニアの症状が両足にでてきたので
シンノオル電子治療に加え鍼治療も開始

7/16 それまで腰を下ろして後脚を引きずって歩いていたが、腰を上げる様になった。

7/25 左脚を動かすようになった。

8/1 両脚をコントロールし座る事が
出来るようになった。

8/11 両脚のつま先で立つ事が出来る
ようになった。

8/16 左脚の裏を地面につけて歩けるように
なった。

8/21 15㎝ぐらいの段を登れるように
なった。

8/24 右脚も動くようななってきた。

一時はお薬漬けになり薬は全く効かず、
食欲もなく何度も死を覚悟しました。

おおいずみ動物病院に通院するようになり
シンノオル電子治療、ハーブサプリメント、鍼治療でドンドン元気になるパフェ。
今では下痢、嘔吐もせず、体重も増えて
夢のようです。

パフェの命の恩人
先生ありがとうございます。


パフェのお母さんより


投稿者: おおいずみ動物病院

2016.09.16更新

pic20160916113540_1.jpg



pic20160916113540_2.jpg



pic20160916113540_3.jpg



皮膚病のため長期間抗生物質とステロイドを
服用していた、ちいちゃん(柴犬13才)。
ある時、皮膚病が全身に広がり、高熱が出て
薬が全く効かない状態になりました。
薬毒など体の悪いものを出す浄化作用ですね。もうこれ以上薬使わないで〜という体の
SOS ですね。
シンプルにシャンプー、食事を変えただけで
3週間で皮膚病がよくなりました!
1週間に1回シャンプーして薬を飲まず良い
状態を維持しています。

投稿者: おおいずみ動物病院

2016.09.12更新

pic20160912191057_1.jpg



pic20160912191057_2.jpg



pic20160912191057_3.jpg





12日に来て頂いた子のご紹介です!

コーギーのくりんちゃん
いつも通りシャンプーとお尻のカットをしました。
たくさん死毛が抜けました!!
胸にドライヤーが当たり毛が抜けていく感覚が気持ち良いのか、目をつむってとても気持ち良さそうなお顔をしていました(*^^*)
その時の写真がないのが残念です(T ^ T)

チワワのはる君
いつも通りシャンプーとお尻のカットをしました!
前回は居眠りしていましたが、今日はしっかり目が開いていました。
わんちゃんにも寝不足な日・しっかり寝てスッキリしている日があるようです(*^^*)

ピノちゃん
2回目のご利用です(^^)
前回は耳付きを高く見せるカットをしましたが、今回はテディベアにしました。
ピノちゃんはとても人懐こい性格で、スタッフ皆に甘えていました( ^ω^ )



スタッフ中井



投稿者: おおいずみ動物病院

2016.09.10更新

pic20160910132952_1.jpg



6歳のモカちゃん。 後肢の麻痺と
痛覚が弱い状態、排尿・排便が少し困難
な状態で来院されました。
鍼治療と電気治療を始めて1週間後から
痛覚が出てきて、腰を浮かせる様に
なりました。
治療して1ヶ月も経っていませんが
今は走る様になってます。

投稿者: おおいずみ動物病院

2016.09.10更新

pic20160910125829_1.jpg



pic20160910125829_2.jpg



犬の歯の手入れ、されてますか?

歯磨きなど、何もせずにいると
こんなにも歯石がつきます

犬はじっと出来ないので麻酔をかけて
歯石を除去しました。すでに歯周病が進んで
グラグラしている歯があり、何本が抜けました。

歯石のバイ菌で心臓が悪くなるとも言われています

トリミングの時に歯のチェックもします!

 

投稿者: おおいずみ動物病院

2016.09.08更新

8歳のアニーちゃん。
鼠径ヘルニアの手術をしました!

大きく膨れている部分。
内臓の一部がでてきて、ぎゅっと
締まってしまうと腐ってしまい 危険です。

今回は腸が出てきていました。
ほっておいて腐ってしまう事があると
全身に回り死に至ります。
今までも、そのままにして元気がなくなり
手遅れになった事があります。
アニーちゃん無事手術を終え、とても元気です!

           スタッフ 前田 幸枝

 

 

pic20160908143229_1.jpg



pic20160908143229_2.jpg

投稿者: おおいずみ動物病院

2016.03.09更新

シンノオル電子治療と一緒に健康維持を!
当院でトリミング利用しているワンちゃんは
最後までしっかり歩けて、綺麗に年をとって
ます。

pic20160309135058_1.jpg

pic20160309135058_2.jpg

投稿者: おおいずみ動物病院

2016.03.08更新

少しでも楽になる様、シンノオル電子治療を
しました。
排毒作用があり、楽になります。
少し食欲出てきました。

pic20160308214032_1.jpg

投稿者: おおいずみ動物病院

2016.03.08更新

歩き辛く、痛みを和らげるのに、
他院て薬をたくさん飲んできたハル君。
薬を止めると又痛がり、なかなか薬を手放せなかった様です。
体の負担を減らすために、鍼治療と電気治療を始めました!
治療後、家の中でよく動き回っていた様です。

pic20160308163808_1.jpg

pic20160308163808_2.jpg

投稿者: おおいずみ動物病院

2016.02.22更新

猫は、人につかず家につくと言われます。
場所が変わるだけでストレスを感じます。
でも当院の押入れは初めての猫ちゃんでも
安心出来る場所の様で・・・
最近は、ホテルにきてくれた猫ちゃんは
この部屋で過ごしいます。

今14歳のりんごちゃんがいます。
良く食べ元気です!


pic20160222214930_1.jpg

pic20160222214930_2.jpg

投稿者: おおいずみ動物病院

前へ 前へ