2014.08.31更新

image1 image2

胎盤を通じて仔猫に感染する回虫cat
お腹パンパンですbearing
虫下しのお薬服用しますclover


 

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.08.30更新


猫の息ずかいが荒いと、来院される。
胸に溜まっていた液体。
注射器で、300cc抜きました。
何なのか、検査中。
又報告します。

 

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.08.29更新

生まれて半年以上になっても、睾丸が下りず
年をとって腫瘍化したケース。
外科で切除します。



投稿者: おおいずみ動物病院

2014.08.15更新









 

預かっている猫がいないsweat01

どこを探してもいないので
焦りましたが、
ここに、いましたhappy01

里親募集していますclover
生後1か月、メスです。
一生可愛がってくれる方に・・・


 

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.08.13更新


犬の乳腺腫瘍は、50%は悪性で悪性の中の半分は
肺転移すると言われておりますthink
大きくなりすぎて破裂する場合もありますので
小さいうちに切除する方が
ワンちゃんにとって楽でしょうね。

今回、腫瘍が急に大きくなったので、
飼い主さんの意向で切除いたしましたclover

 

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.08.12更新

image1 image2

膣脱ともいわれ、膣や膣前庭が
発情期ホルモンに異常に応答したものです。
発情後期や無発情期にはおこりません。
発情期の度に再発することがあります。
薬物治療で退縮させる事は可能ですが
副作用を考えるとおススメできません。
外科的に切除します。


避妊手術は再発を防ぎます


 

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.08.11更新


膀胱と尿道に詰まっていた結石
外科手術で取り出しました。
膀胱炎から細菌を核として結石になります。
血尿を繰り返す場合レントゲンを撮って
膀胱に結石がないか確認したほうがいいですね。

この石の種類はストルバイトだったので
本来は食事でとけます。

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.08.09更新

ほんとに、鍼治療って、気持ちいい~って感じでしょlovely
家を出発する時から、今日は鍼の日heart04って
わかるリリーちゃん(14歳)

2年前、椎間板ヘルニアによるナックリング歩行をしていました。
 鍼治療でよくなりましたclover

 

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.08.09更新

image1 image2

<腎臓の働き...体の老廃物の除去>

14歳のゴンちゃんshine2年前に中程度の腎不全とわかり、
10日に1回、点滴シンノオル電気治療を続けています。
体重も1キロ増え、元気に過ごせていますwink

※点滴・・・循環血液量を保つ役割があり腎臓に血液を送ります。
※シンノオル電子治療・・・体液の流れがよくなり、
排泄機能・排毒作用が高まり、体が楽になります。



6才を過ぎたら、年1回の尿検査を!(1620円~当院にて)
初期の腎不全がわかれば、食事療法でいけます。



 


 

投稿者: おおいずみ動物病院