2013.12.20更新


子宮蓄膿(ちくのう)症とは・・・?

メスの犬猫で、避妊をしていない中年(4~5歳以降)が
多く発症する病気です。




生理があって、1~2か月後に発症しやすく症状としては
元気食欲の減退多飲多尿を示すことが多く、
また、嘔吐する仔もいます。



陰部から膿がでる症状と、膿のでない症状があり
後者は気づきにくいです。


治療は外科で子宮・卵巣を摘出するのが一般的です。





元気・食欲がなく、来院されたパピヨンちゃん。
レントゲン検査で子宮蓄膿症と診断。

術後、容体が落ち着き、3日で退院。


今はとっても元気です(*^^)v

投稿者: おおいずみ動物病院

2013.12.04更新

12月28日(土)午後

1月5日(日)まで

正月休み頂きます。



1月6日(月)から診療

しています。

 
28日(土)は混雑が予想されますので、
前日または早い時間での来院をおすすめします。

朝9時~12時までの診療となっております。
午後は休診です。




hairsalonトリミングは28日午後まで営業していますhairsalon




★正月もペットホテル受付しております★
時間指定あり



ご予約・詳細は診療時間内にお電話ください。


おおいずみ動物病院cat072-258-1116dogまで

投稿者: おおいずみ動物病院

2013.12.02更新

とっても寒い毎日が続きますねbearing


いつも寒い寒いと鳴いているいそきちに
トリマーさんが暖かそうな服と座布団を
買ってきてくれましたcat(笑)





どうでしょ?結構着こなしてます。(笑)













投稿者: おおいずみ動物病院