2016.06.29更新

今日、トリミングに来てくれたウェルッシュ・コーギーのクリンちゃんと、MIXのハッピーくんです!!


クリンちゃんはシャンプーとお尻カットに来てくれました。

シャンプーの前に肛門腺を絞ろうとすると、とても痛がるので見ると肛門が真っ赤になっていました0(>_<)0

トリマーでは対応できないので、獣医師に絞ってもらいました!!

肛門腺が溜まりすぎて肛門腺炎を起こしかけていたようです。

肛門腺炎が悪化すると破裂したり、手術が必要になることもあるので要注意ですヾ( ^ _ ^ )


ハッピーくんは15歳で、後ろ脚が弱っていてほとんど立てません。

トリミングテーブルにもシャンプーシンクにもマットを敷いて、寝たままでトリミングしました。

生活しやすいように身体もお顔も2㎜のバリカンでツルツルに刈りました。

オムツや目やにで汚れがひどい所にはクレンジングオイルを使ってキレイに汚れを落とすことができましたo(^▽^)o


鳥飼 麻文

imgPL606247717_1467202528114



imgPL606247717_1467202528115

投稿者: おおいずみ動物病院

SEARCH

CATEGORY